単発バイト ビラ配り

真夏に単発でビラ配りのバイトをやったときはキツかった…

サンプリングのしごと

ビラを配布する仕事が人気… ⇒ 高校生でもできます!

※広告を配布したり、サンプリを配ったるりするカンタンなお仕事です。

 

夏といえばアルバイト、僕の学生時代のノーマルは過ごし方でした。
それで学生時代の思い出として一番残っているのは、良いイメージではなく辛いアルバイト体験です。

 

とある塾のビラ配りを友人と一緒に行ったときのことです。アルバイトの説明会に出かけると、細かい注意事項が読み上げられました。元気よく挨拶。ゴミを散らかさずに回収。そして、真夏の暑い盛りにスーツでネクタイを着用などです。

 

保護者や子供が通るたびに塾のビラを差し出し渡すだけなのに、かなか在庫が捌けていきません。

 

挙句の果てには保護者から邪魔者扱い。配布場所の学校からは警備員が出てきてうるさいと注意される始末。敷地に入らなくても文句を言われるとは思ってもいなくてショックでした。。。

 

仕方ないので、人通りもあって学校から少し離れた場所を見つけることに。渡すタイミングやコツを工夫して、うまいこと配布が進んでいった頃、次の試練が待ち受けていました。近隣の住居からゴミを散らかすなと、塾にクレームがいったとの連絡がきたのです。受け取ってくれた保護者の何人かが、路上に捨てていたのです。

 

クレーム対応として一度コンビニへ寄りゴミ袋を買うことに。学校から駅に向かう最中、他の塾の分まで回収をして帰りました。

 

クソ暑い中スーツで汗だくになりながら文句を言われまくって、帰りにはゴミを回収。頭と気を使ったアルバイトは、まさに苦行でした・・・。(;´Д`)

 

いい思い出ももちろんある!

ビラ配布の仕事

これを見た方は、アルバイトなんかするもんかっ!と思うかも知れませんが待ってください。

もちろん、いい思い出をくれたアルバイト経験だったあるんですよ。

 

時給がメチャよかったり、休憩時間が長くて拘束時間が異常に短いとか…それもいろいろバイトしたからであって、とにかく学生時代はたくさん経験するのが役立つのではないとと最近感じています。

 

一緒にやった仲間には年下で現役の高校生の子も何人かいました。応募は高校生可だそうです。確かに作業自体は簡単で誰でもできますからね。